見極めて利用したいデートクラブ

デートクラブを利用するのに向いている人、いない人

>

クラブはあくまできっかけ

割り切った関係でも大丈夫か

相手のテンションにもよりますが、親密な関係まで進展するかは誰にもわかりません。
こちらがそう希望しても、相手はあくまで楽しく、気軽な関係を望んでいることもあります。
そんな時でもドライな関係で良し、とできるだけの心の余裕がある人は、デートクラブで出会った相手とも楽しく過ごせるでしょう。
気持ちの切り替えができなけば、結局は自分が苦しくなります。
クラブは深入りしませんので、そうしたときやこじれてしまった時でも取りなしてくれることはあまりありませんから、デートクラブは自分の気持ちをコントロールできる自信がある人向けです。
人との関係の築き方に多様性を持てる人は、デートクラブを生かした使い方ができると思います。

縁を大切にできるか

私たちは毎日、ごく限られた人との出会いの中で生活しています。
デートクラブで紹介される相手は、自分の生活圏外の、本来出会う事のなかった人かもしれません。
生活圏外の人との出会いは貴重です。
そうした縁を大切にできるかということも、クラブを利用する資格に関わってきます。
新しい出会いは緊張したり、先回りして心配したりしがちですが、思ったよりも良い経験になることが多いものです。
その先の人とのつながりは、生活をより豊かにしてくれることもあります。
それだけではなく、そうした出会いにポジティブに考える姿勢を持っていることこそが必要な条件なのかもしれません。
袖振り合うも他生の縁、何かの縁があって出会うのですから、大切にしたいですね。


このTOPICSをシェアする